大麻ビールのプロヴァンス・ブランズがロスト・クラフトビールと契約

11/20/2018
世界初の大麻草からのビール醸造技術を持つプロヴァンス・ブランズ(Province Brands of Canada)がオンタリオ州で急成長しているビール会社ロスト・クラフトビール(Lost Craft Beer)と契約を締結した。
今回の契約で、ロストビールはプロヴァンス・ブランズから特許許諾待ちの大麻草からのビール醸造技術をライセンスされる。またプロヴァンス・ブランズの所有する123,000スクエアフィートを誇る生産施設でビールを醸造する。
よくあるカンナビノイドを注入(インフューズ)するやり方ではなく、大麻草を発酵醸造させてビールを製造するためアルコール分は含まない。カナダでのカンナビス条例で大麻飲料が許可になれば、すぐにでもカナダ全土で販売が開始される。

ロスト・ビールのシェーハン・デ・シルバ創業者は、
「プロヴァンス・ブランズが持つ大麻草からの醸造技術と彼らの専門性で、我々の商品ポートフォリオが豊かになり素晴らしい結果を産むことになるでしょう」
と述べている。

プロヴァンス・ブランズのドゥーマ・ウェンドゥシュッCEOは、
「これまでも私はロストビールが大好きでしたが、彼らのようなクラフトマンシップに溢れる会社と一緒に商品を作れるなんて夢のようです。カンナビスで作ったビールを一緒に販売することが待ちきれません。」
と語った。

https://www.newswire.ca/news-releases/province-brands-of-canada-and-lost-craft-beer-announce-agreement-to-launch-cannabis-brewed-craft-beer-700906092.html

関連記事

特別目的買収会社のCSACが米国の大麻企業5社を買収... 10/18/2018 カナダでSPAC(特別目的買収会社)として上場されているカンナビス・ストラテジーズ・アクィジッション・コープ(Cannabis Strategies Acquisition Corp "CSAC")が米国にある大麻関連会社5社を買収することとなったと発表した。 買収するのは...
大麻関連企業・先週のまとめ(9/24-28 2018)... 10/01/2018 『オーロラ・カンナビス、好調な決算結果を発表』 オーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis Inc, TSX: ACB, OTCQB: ACBFF) 先週第4四半期と通期の決算結果を発表したオーロラ・カンナビス。コカコーラとの提携観測も流れたオーロラだったが...
大麻合法化のカナダと連邦法で違法のアメリカ... 『いよいよ今月合法化するカナダと未だ連邦レベルでは違法状態のアメリカ』 トランプ大統領とカナダのトルドー大統領の貿易交渉が一時不調になりつつも最終的にはFTA締結となったり、同じ北米大陸にありながら、合法化へと進むカナダと依然連邦レベルでの違法状態が続くアメリカは水面下で牽制し合っている状況だ...
大麻企業に投資するグリーン・エーカーが64億円超のファンドを組成... 10/10/2018 グリーン・エーカー・キャピタル(Green Acre Capital)は64億円超を集め「GACF II」として第2号ファンドを組成したと発表した。GACF IIではアーリーステージにあるカンナビス企業で、栽培には関わらない企業やカンナビス周辺事業に携わる企業に投資する。 ...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です