大麻ビールのプロヴァンス・ブランズがロスト・クラフトビールと契約

11/20/2018
世界初の大麻草からのビール醸造技術を持つプロヴァンス・ブランズ(Province Brands of Canada)がオンタリオ州で急成長しているビール会社ロスト・クラフトビール(Lost Craft Beer)と契約を締結した。
今回の契約で、ロストビールはプロヴァンス・ブランズから特許許諾待ちの大麻草からのビール醸造技術をライセンスされる。またプロヴァンス・ブランズの所有する123,000スクエアフィートを誇る生産施設でビールを醸造する。
よくあるカンナビノイドを注入(インフューズ)するやり方ではなく、大麻草を発酵醸造させてビールを製造するためアルコール分は含まない。カナダでのカンナビス条例で大麻飲料が許可になれば、すぐにでもカナダ全土で販売が開始される。

ロスト・ビールのシェーハン・デ・シルバ創業者は、
「プロヴァンス・ブランズが持つ大麻草からの醸造技術と彼らの専門性で、我々の商品ポートフォリオが豊かになり素晴らしい結果を産むことになるでしょう」
と述べている。

プロヴァンス・ブランズのドゥーマ・ウェンドゥシュッCEOは、
「これまでも私はロストビールが大好きでしたが、彼らのようなクラフトマンシップに溢れる会社と一緒に商品を作れるなんて夢のようです。カンナビスで作ったビールを一緒に販売することが待ちきれません。」
と語った。

https://www.newswire.ca/news-releases/province-brands-of-canada-and-lost-craft-beer-announce-agreement-to-launch-cannabis-brewed-craft-beer-700906092.html

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です