マリメドが、メリーランド州のカインド・セラピューティクスを22億円で買収

01/05/2022
マリメド:MariMed Inc.(OTCQX: MRMD)は、本日、メリーランド州の垂直統合型大麻事業者であるカインド・セラピューティクス:Kind Therapeutics U.S.A., LLC を買収する正式契約を締結したと発表。この取引は、規制当局の承認を含む慣習的な完了条件を前提としている。

本取引により、マリメドは、マサチューセッツ州、イリノイ州に続き、3つ目の州で、自らが経営し、開発を支援したライセンス付き大麻事業を買収することになる。買収後、Kind社の業績はマリメドの連結決算となる。カインド社の買収は、マリメド社が有機的に開発・運営してきた複数の州の大麻事業を統合するという戦略的成長計画を成功させるためのものだ。
カインド社は、大麻の栽培・製造ライセンス、およびディスペンサリーの暫定ライセンスを保有しており、現在、マリメド社の子会社であるMari Holdings MD, LLCから、マリメド社が開発したヘーガーズタウンにある180,000平方フィートの栽培・加工施設を借りている。また、Mari Holdings MD, LLCは、Kind社のために、2022年初頭にオープンする予定のアナポリスの薬局施設を所有し、開発を進めている。カインド社は、マリメド社の管理の下、大麻および大麻製品の製造と販売を行っており、メリーランド州の大麻卸売り業界では、103軒の薬局が存在するまでに成長している。これらの製品には、Nature’s Heritage™ craft flower、Betty’s Eddies® fruit chews、k FUSION chewable tabletなど、マリメド社の受賞歴のある製品やブランドが含まれている。Betty’s Eddies®は、同州でトップセラーのエディブルブランドとなっている。

マリメッド社 最高経営責任者 ボブ・ファイアマン氏は、
「この度、国内でもトップクラスの医療用大麻プログラムと市場で事業を展開しているKind社の買収に合意したことを嬉しく思います。今回の買収により、マリメッドは2022年に、2年連続で大麻収入と調整後EBITDAの成長率が100%を超え、新たな変革の年を迎えます」
と述べている。

カインド社に支払う買収金額は、現金と約束手形の組み合わせで、総額20百万ドルとなる。また、Kind社の現オーナーの1人が保有する、メリーランド州およびデラウェア州に大麻施設を保有する当社の子会社2社の少数株主持分を合計200万ドルで取得する。また、これらの取引が完了した時点で、「Kind」に関連するすべての訴訟は、偏見なしに却下される。
メリーランド州の合法的な医療用大麻プログラムには、現在139,000人以上の患者が登録しており、メリーランド州医療用大麻委員会(MMCC)によると、医療用大麻カードの申請が毎日200件以上寄せられており、メリーランド州の医療大麻プログラムは、2021年には5億ドル以上の売上を達成する勢いだった。Cowen Research社によると、人口620万人のメリーランド州の医療用大麻プログラムは、一人当たりの医療消費者の登録率、使用率、消費額が、米国のすべての合法的な医療用大麻プログラムの中で最も高い。州議会は、将来的に成人用大麻プログラムを実施するための提案を検討している。

マリメド社について
複数州にまたがる大麻事業者であるMariMed Inc.は、高品質な製品、行動、価値観を通じて、日々の生活を向上させることを目指している。マリメド社は、大麻栽培、大麻混合製品、薬局の運営において優れたモデルとなる、種子から販売までの州認可の大麻施設を開発、所有、管理している。マリメドには経験豊富な経営陣がおり、当社および当社が運営する事業部の一貫した成長と成功をもたらしている。マリメドの技術者が開発した独自の処方は、Betty’s Eddies®、Nature’s Heritage®、Bubby’s Baked™、k FUSION、Kalm FUSION®など、数々の賞を受賞しているトップセラー製品やブランドに組み込まれている。詳しい情報はマリメドのサイトまで。www.marimedinc.com


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。