Supreme-cannabis

シュープリーム・カンナビスは元スターバックス・カナダ社長を暫定CEOに起用

01/06/2020

高品位なカンナビス製品を製造販売しているシュープリーム・カンナビス(The Supreme Cannabis Company, Inc, TSX:FIRE, OTC:SPRWF)は、取締役会において、元スターバックス・カナダで社長を務めていたコリン・ムーアを暫定CEOとして起用することを決定した。これまで同社を牽引してきたCEOのナブディープ・ダリワリは退社する。同社は今後長期的な成長を目指せる新しいCEOを探していく。

取締役会会長のマイケル・ラ・ブリエは、
「シュープリーム・カンナビスは、大麻草をベースとした高品位なライフスタイルブランドとして、いち早く成長してきました。第2の成長期に入るに当たり、消費者ブランド製品のことをよく理解している能力ある人物がリーダーシップを発揮していくべきだと確信いたしました。我々は幸運にも経験あるコリン・ムーア暫定CEOにそのリーダーシップを任せることができ、今後利益の拡大と株主価値増大を、この移行時期にもたらすことができるでしょう。」
と述べている。

コリン・ムーアは、スターバックス・カナダにおいて2001年から2011年まで社長として活動し、カナダ全土で315店舗から1180店舗拡大と、売上1000億円をあげるまでに成長させた。

Source;
https://www.supreme.ca/supreme-cannabis-announces-leadership-transition-as-company-accelerates-transformation-into-premium-cannabis-cpg-company


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です