Supreme-cannabis

シュープリーム・カンナビスが大麻遺伝子研究に特化した子会社を設立

04/23/2019
垂直統合型大麻企業のザ・シュープリーム・カンナビス・カンパニー(The Supreme Cannabis Company, Inc, TSX:FIRE, OTCQX:SPRWF)は、オンタリオ州・ゴデリッチにカンナビスの遺伝子研究や農作物研究のための子会社・カンビウム・プラント・サイエンス(Cambium Plant Sciences)を設立したと発表。

研究、技術および科学の体系的な応用により、カンビウムは娯楽使用大麻や医療および健康補助製品として次世代の大麻遺伝学の開発に焦点を合わせるとのこと。カンビウムが求めるゴールは、急速に成長している世界の大麻市場において、農学的アプローチから病害抵抗性のあるプレミアム大麻種子を供給することという。

シュープリーム・カンナビスのナブディープ・ダリワルCEOは、
「独自の遺伝学選択方法論と7ACRESが保有する大規模栽培によるハイエンド大麻の生産から、私たち独自の遺伝学と栽培技術に対する強い業界需要が生まれました。世界的な大麻市場のために植物遺伝学と栽培IPを革新することに唯一の焦点を当てている会社を創設することは、世界戦略的にも重要であると考えています。私達は、長期的に視野に立って遺伝学が大麻プロダクトの基礎であると信じています。」
と述べている。

Source;
https://www.supreme.ca/supreme-cannabis-launches-cannabis-genetics-company-cambium-plant-sciences

—————————
<<新刊発売のお知らせ>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、大麻産業の”今”が理解できるでしょう。
—————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です