テラセンドが2019年第4四半期および通期決算を発表

04/24/2020
テラセンド(TerrAscend Corp, CSE:TER、OTCQX:TRSSF)は、2019年第4四半期および2019年12月31日に締めた年度決算を発表した。


・2019年第4四半期の売上高21.4億円(C$25,9M)、2018年第4四半期と比較して414%増加。
・米国の大規模かつ利益率の高い市場に戦略的に焦点を当て、収益の成長を牽引。
・2020年第1四半期に約29億円(C$35M)の売上高速報値を発表。

<第4四半期財務ハイライト>
・純売上高は、前年同期4.1億円(C$5M)から414%増の21.4億円(C$25.9M)。
・当四半期の売上高は、米国での売上高が93%を占めている。
・売上総損失は2.3億円(C$2.8M)。
・調整後EBITDA損失は4.7億円(-C$5.7M)、前年同期は3.7億円(-C$4.50M)。
・IFRS基準による純損失は141.7億円(C$171.8M)。

<2019年通期決算ハイライト>
・純売上高は前年の5.6億円(C$6.8M)から1,149%増の70億円(C$84.9)。
・2019年の総収入の68%を米国での売上が占めている。
・売上総利益は6.8億円(C$8.3M)で、前年は1.4億円(C$1.7M)だった。
・2019年12月31日に終了した年度の調整後EBITDA損失は21.9億円(-C$26.6M)で、2018年度は13.5億円(-C$16.4M)。
・IFRS基準による純損失は180.7億円(-C$219M)となった。

<第4四半期のオペレーションハイライト>
・2019年10月、EU GMP認証を受けた大麻生産施設の拡張認可をカナダ保健省から取得。ライセンススペースを3倍近くの51,800スクエアフィートに拡大。
・2019年10月、大麻エクストラクト、外用剤、エディブルの販売を可能にするため、カナダ保健省からライセンスの追加修正を受理。
・2019年11月、ジェイソン・アッカーマンを取締役会のエグゼクティブチェアマンに任命。
・2019年12月、私募債の発行を通じて約2,000万米ドル調達の意向を発表し、初回のトランチで3,180万カナダドルを2019年12月30日に調達完了。

Source;
https://www.terrascend.com/terrascend-announces-fourth-quarter-and-full-year-2019-financial-results/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です