Elixinol Revenue for Q2 2018

バレンズが前期比45%減となる四半期決算を発表

07/19/2020
革新的なカンナビノイド系製品のエンドツーエンド開発・製造するカナダ・ケロウナに拠点をおくバレンズ・カンパニー(The Valens Company Inc, TSX:VLNS, OTCQX:VLNCF)が、2020年5月31日に締めた第2四半期(Q2)の決算を報告した。

<ハイライト>

・2020年第2四半期の売上は、14.5億円(C$(17.6M)で、2019年度第2四半期の7.3億円(C$8.8M)から100.3%増加したが、前期26.4億円(C$32M)からは45%減となった。

・Q2の売上総利益は5.2億円(C$6.3M-売上の35.8%)で、前年同期の4.2億円(C$5.1M-売上高の57.9%)からは増加。

・調整後EBITDAは2.2億円(C$2.7M-売上の15.3%)で、前年同期は1.7億円(C$2M-売上の23.0%)だった。

・2020年5月31日現在、バランスシートでは、現金37.2億円(C$45.1M)、短期投資および正味運転資本で74.7億円(C$90.5M)を計上。

・ バレンズ・カンパニーの普通株式および特定のワラントは、2020年4月16日に取引シンボル「VLNS」および「VLNS.WT」でトロント証券取引所に上場(アップリスト)されたが、その時点でTSXベンチャー取引所からは上場廃止(デリスト)となった。

・2020年第2四半期中に43,600株の普通株式(以下「株式」)を1株当たり2.24カナダドル~2.25カナダドルの価格で、通常コース発行入札(以下「NCIB」)を通じて買い戻し、償却した。バレンズは、株価が同業他社と比較して過小評価されていると引き続き考えており、当社は今後の四半期にNCIBを利用して追加的に株式を買い戻す可能性があるとのこと。

・バレンズは、2020年5月29日に、カナダインペリアル銀行商業銀行(以下「CIBC」)をコ・リードアレンジャー兼管理代理人、ATBフィナンシャル(以下「ATB」)をコ・リードアレンジャーとするシンジケート・クレジット・ファシリティ(以下「クレジット・ファシリティ」)を締結。本クレジット・ファシリティの条件の下で、貸手はバレンズに対して最大33億円(C$40M)の担保付債務融資を行うことに合意しており、そのうちの16.5億円(C$20M)は2020年5月31日時点で実施されている。

・バレンズは社名をThe Valens Company Incと改称したが、これは、カンナビノイドをベースとした製品のエンド・ツー・エンドの開発・製造におけるグローバルリーダーとしての地位をより明確に示すとともに、事業の戦略的ビジョンをより良く反映させるためとのこと。

・2020年第1四半期の9SKUに対し、2020年第2四半期には36SKUを製造し、過去最高を記録。

・カナダのA1 Cannabis Company(Iconic Brewingの子会社)と、ホワイトラベル契約の下で製造された大麻入り飲料ラインを発売。

・オーストラリア最大の薬用大麻販売業者であり、臨床研究機関であるカンバラート(Cannvalate Pty Ltd)と販売契約を締結。この提携により、初期事業の立ち上げ、必要なライセンスの取得を行い、オーストラリア市場の発展に伴い、バレンズ社の高品質で革新的なオイルベースの製品を、成長する大麻医療患者や幅広い消費者層に提供することが可能となる。カナダの施設からオーストラリアに向けて幅広い製品を出荷することで、カンバラート社との契約を収益化する予定。

・当四半期末以降、当社はTREC社とパートナーシップを締結。TREC Brands Inc.との間で、既存のTRECブランドであるThumbs Up Brand、WINK、Blissedの3つのベイプペンを製造するためのパートナーシップを締結。将来的には他の革新的な製品も製造する可能性がある。TREC社との契約は、ロイヤリティーベースの支払い構造を採用している。

・カナダ最大のプレミアム濃縮物製品を発売することを目的としVerse Cannabis社と5年間の製造・販売契約を締結。ヴァース社との契約は、ロイヤリティーベースの支払いになる。

・BRNT Ltd.(以下「BRNT社」)と提携し、プレミアムディスポーザブルベイプライン「Made By」を発売。また、BRNT社との間で、510スレッドベイプカートリッジの新製品ラインの提携を含む、ロイヤリティーベースのカスタム製造契約の戦略的な修正契約を発表。

・High 12 Brands(以下「High 12」)との間で、DAIZEブランドのポートフォリオの下でプレミアムなベイプ製品の開発と製造を目的とした2年間のロイヤリティベースの契約を締結。DAIZEブランドのベイプ製品は、人気の高い厳選された大麻種のプレミアム大麻オイルを使用し、経験豊富な消費者にユニークで強力な処方を提供する。High 12 の契約は、ロイヤリティーベースの支払い構造を採用。

・FPS Brands Inc. (以下「FPS Brands社」)と2年間のロイヤリティベースの契約を締結し、ufeeluポートフォリオの下で麻由来のCBD製品を開発・製造する。最初の製品は、大麻オイル、ベイプ、チンキ剤を含む予定。FPS Brands社との契約は、ロイヤリティーベースの支払い構造を採用。

社長のジェフ・ファローズはは、
「COVID-19のパンデミックにより、多くの顧客が労働力の減少、栽培生産量の減少、その結果としての抽出サービスへの需要の減少を経験しており、大きな課題を抱えています。しかし、当社のプラットフォームの柔軟性と多様な顧客基盤により、これらの課題を乗り切ることができました。
第3四半期末以降、当社は、幅広い新製品を発売し、当社の製品開発能力をさらにアピールするために、いくつかのカスタム製造パートナーシップを確保したことで、前向きな勢いを体験しています。これらの新規契約により、当社のカスタム製造およびホワイトラベルセグメントの将来の収益成長がより明確になり、2020年度下半期に拡大すると予想しています。
当社は、差別化された製品を製造するための最先端の2.0プラットフォームを持っており、それは製品開発パイプラインの成長と多様性によって実証されており、お客様のためのワンストップショップとなっています。」
と述べている。

CEOのタイラー・ロブソンは、
「第2四半期の大麻業界全体の減速により、大麻抽出業務からの収益とバルクの越冬・蒸留製品オイルの販売が減少しましたが、バレンズのカスタム製造、ホワイトラベル、コパッキング契約の収益が前四半期比で増加していることを嬉しく思います。これらのセグメントにおける契約数の増加は、当社のカスタムメイド製造能力の価値を認識してくれるパートナーの増加に伴い、2020年度下半期の収益を牽引するものと予想されます。
顧客の大麻2.0製品ラインの拡大に伴い、地方のサプライヤーからの需要が増加していることを受けて、当社では新しい革新的な製品フォーマットの作成、製造、販売を継続しています。これには、わずか44日で新製品を発売した最近の社内記録も含まれています。
第2四半期には、ヴァレンスが所有する大麻とヘンプのバイオマスの抽出に重点を移し、2.0製品を提供するために予想される在庫要件に備えるために、3万キログラム以上の処理を行いました。当社は、魅力的なバイオマス価格を引き続き活用して、2021年に向けてカスタム製造とホワイトラベルセグメントの利益率を向上させる計画です。2020年度の下半期に向けて、カナダの消費者にカスタマイズされた革新的な製品を提供しようとしている大手大麻企業のサプライチェーンに対し、バレンズの統合プラットフォームの価値実証することに、引き続き注力しています」
と述べている。

Source;
https://thevalenscompany.com/press-releases/the-valens-company-reports-financial-results-for-the-second-quarter-of-fiscal-2020/


<<大好評発売中!!>>

「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です