Canopy LATAM Chile

AMPジャーマン・カンナビスがドイツ向けに医療用大麻150kgをオーダー

07/25/2020
AMPジャーマン・カンナビス・グループ(AMP German Cannabis Group Inc, CSE:XCX)は、カナダの医療用大麻生産者(Licensed Producer:LP)からEU-GMP準拠の医療用大麻のバルクおよび完成品を発注したことを発表した。AMPは、2020年9月に50キログラム、2021年1月~2月にさらに100キログラムのEU-GMP準拠の医療用大麻をを購入し、ドイツに輸入する予定。AMPとカナダのLPは、医療用大麻の月次大量購入や大麻抽出物の供給契約を拡大していく予定。

カナダのLPは、カナダで屋内栽培・加工施設を運営しており、今年初めにドイツ当局からEU-GMPの認証を取得している。

AMPのステファン・フォイエルシュタイン社長は、
「ドイツ市場では医療用大麻の需要が予想以上に高まっており、短期的に見てカナダ製大麻はドイツへ輸入できる信頼できる数少ないサプライヤーの一つです。ドイツの大麻薬局からの需要が非常に高いため、AMPは今後数週間のうちに、医療用大麻のみに特化した医薬品販売業者をドイツ全土に追加する予定です。当社の目標は、2021年末までにドイツへの主要な輸入業者となることです。」
と述べている。

AMPジャーマンカンナビスグループは、欧州連合においてEU-GMP準拠の医療用大麻を輸入し、医薬品販売業者や薬剤師に直接販売するライセンスを取得しており、ドイツの患者に医療用大麻を販売する唯一のポイント・オブ・セールとなっている。
AMPは2020年後半から毎月、ドイツ全土13,000以上の薬局への医療用大麻の非独占的な流通契約を、医薬品の大手流通業者と締結している。

Source:
https://www.amp-eu.com/press-release/amp-german-cannabis-group-orders-150-kilograms-of-medical-cannabis-from-canadian-licensed-producer/


<<大好評発売中!!>>


「投資に役立つ!よくわかる大麻ビジネス」980円
カンナビストック・ジェーピー編集部 著

「ダメ!絶対!」が浸透している日本では考えられないことだが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで多くの企業がこの産業に参入し、彼らの多くはすでに大麻合法化へと向かう時代の流れを掴み、着々と事業を拡大している。
本書では、大麻ビジネスが世界でどのように展開されているのか、市場規模や各国の状況、そしてどのような産業や企業があるのかをざっと理解できるように構成している。
本書で取り上げた企業はほんの一部に過ぎないが、今後の大麻産業の流れを見る中でも押さえておきたい企業を取り上げた。
本サイトと合わせて読んでいただければ、「グリーンラッシュ」と呼ばれる大麻産業の”今”が理解できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です